OEひな形講座メールマガジン第18回「Butterfly」
  (Html+Timeひな形No.009)
※ 文章をクリックすればひな形が作動します。内容を読んでからクリックしてください。
※ Html+timeはセキュリティー設定は不要であると思っておりましたが、マイクロソフトが方針を変更したのか、Outlook Expressの新しいバージョンはHtml+Timeであってもセキュリティーの設定が必要になります(去年2月の修正モジュールから)。
第1回メールマガジンを参考にして設定変更をしてください。
※このメールは転送にして再利用してください。
 詳細:第2回メールマガジン(メールをリサイクルする方法)
※VmlはOE4.0以上なら正常に表示されます。興味のある方はのほほん気分なHPを参考にしてください。

 20年前のディズニー映画「tron」がゲームになるそうだ。この映画はコンピューターグラフィック(現在とは比較してはいけないCG)がふんだんに使われているという触れ込みだったが、それ以来僕にとってCGこそが映画の評価を決定する重要なファクターになった。
 「美女と野獣」ではダンスシーンのシャンデリアの動きに感激し、「タイタニック」では浮き上がるスクリューに涙を流した。フルCGの「トイストーリ」「ファイナルファンタジー」「シュレック」では涙と感動の連続であったし、キアヌ・リーブスもキャメロン・ディアスもCGの方がずっと魅力的である。あの、キャメロン監督の次回作もフルCGなんだそうで、それだけでアカデミー最優秀監督賞を与えたい。
 今だからCGは重宝されてはいるが、映画を観ながら「ちっ スタントマンかい」なんて舌打ちするのもいずれは僕だけになるかも知れない。。。。

 今回のひな形はVmlという技術でCG(コンピュータグラフィックス:一応^_^;)を作成してみました。この文章をクリックして頂ければ見る事ができます。現在、VMLは標準技術SVGとして2001年に勧告され既に古い技術とも言われていますが、ひな形としては最も実用的な技術といえます。
 VMLで図形を作成するためのツールを雛形倶楽部(VML1)においておきますので、興味のある方は利用してみてください。
 

担当:あやなおたかしゅん
BGM:「亡き王女のためのパヴァーヌ」 by ラヴェル
MIDI:
参考(Vml):
参考(Html+Time):HTML+TIME
ひな形講座

配信:雛形倶楽部