窓:横幅 縦長さ 位置:(x、y)
雪の数 雪色: 雪のサイズ  雪の速度  雪の揺れ  最大風速 雪エリアオフセット量
メッセージ:横幅 位置:(x、y)
雪の形状


OEひな形講座メールマガジン第30回「冬景色」
(Scriptひな形No.020)
 ※Outlook Express Ver6の方はセキュリティーの設定をしていないと雛形が正常に作動いたしません。第1回メールマガジンを参考にして設定変更をしてください。
 ※届いたメールマガジンを別の人に送りたい場合は、第2回メールマガジン「ひな形メールの再利用法」を参考にして下さい。

 snowさんからウイルスが届きます。Snowさんて誰?

 インターネットに自分のメルアドを公開するとウイルスが届くようになります。原因は閲覧したHPはすべて各人の「インターネット一時ファイル」に取り込まれ、Klez等に感染した場合、その一時ファイルから検索したメルアドをウイルスの送信者に偽装し不特定多数の方にウイルスを転送します。見知らぬ方からウイルスが送りつけられた場合、同時に自分のアドレスで他の方にウイルスを送信していると考えた方が良いでしょう。最近は少なくなりましたが、私もたくさんの方からウイルスが届いたと連絡をいただきました。
 このsnowさんってという人は、雪降りScriptの原型を作成された方で、その作品はいまや世界中のHPで利用されています。Googleで検索キー「Altan snow」を検索して出てくるHPはすべて彼が作成したScriptが元になっており、そのぶんウイルスにより擬装用アドレスとして使用される確立が高いということになります。
 降雪は美しくその癒し効果ゆえにひな型にはよく使われ、ScriptだけでなくHtml+Timでも提供されておりますし、フィルター、三角関数、遠近法を使いよりリアルなものが増えてきております。毎年、クリスマスの時期になると、地球規模でHPやひな型に雪が降り始め、温暖化とはいえバーチャルの世界では降雪量は年々増えているようです。

 ひな型天気予報によりますと、12月25日 OEの天気は雪。。。ところによってになるでしょう。Swen注意報が出ております。不信なメールには気をつけてください。

●ひな形の使い方
1)画像の入れ替えかた。
 ○メールを転送にし、既に入ってある画像の上で、【右ボタンクリック】−【プロパティー】−【参照】−【表示したい画像をクリック】−【開く】−【ok】で画像を変更することができます。
 窓を変更する場合は、透過されたgif画像を利用してください。
 ○雪の形状
  雪の形を指定出来ます。現在は文字●を使っていますが★◆♪お好きな物を降らせてください。
 また、ここに画像を入れた場合でも、その画像が降ってきます。
  画像を入れる場合は、【挿入】−【画像】−【参照】−【表示したい画像をクリック】−【開く】−【ok】
2)各パラメーターの変更方法
 Outlook Expressでこのメールを転送にすると、上部に数値を入力する入力欄が出てきます。この入力欄をダブルクリックして、中に数値や文字を入れてください。
 ○窓:横幅、縦幅 窓の横・縦のサイズを入力します。
   窓枠、背景画像のサイズがどのようなサイズであっても、この指定したサイズに変更して表示されます。
 ○位置 窓枠の位置(x、y) 窓の位置をピクセルで指定してください。xが大きくなれば右、yは下に移動します。
 空白にするとセンターリングされます。
 ○雪の数:降雪量です。あまり多くしないでください。
 ○雪色:雪の色です。
 ○雪のサイズ:雪の大きさです。
 ○雪の速度:落下速度
 ○雪の揺れ:左右の揺れ量
 ○最大風速:ランダムに風向きが変わります。
 ○雪エリアオフセット量 :窓枠サイズに対して雪と背景のオフセット量です。窓枠外側に透過された部分がある場合にご利用下さい。
 ○メッセージ:横幅 メッセージの横を入力します。
  メッセージの外側には装飾用の表枠を付けておりますので、窓枠と比較して若干大きくなります。
  縦幅は設定出来ません。
 ○位置(x、y) メッセージの位置をピクセルで指定してください。xが大きくなれば右、yは下に移動します。
 
 ※窓をクリックすると雪は止まり、CPUの負担は小さくなります。雪の量を増やしたときなど、相手の方に教えてあげてください。

BGM:ジングル・ベル
MIDI:
画像提供:クッピー
担当:あやなおたかしゅん
配信:雛形倶楽部

OEひな形メールマガジンバックナンバー